奥河内映画祭2020開催されました!!

9月19日(土)、映画『鬼ガール‼︎』の大阪先行公開を10月9日(全国公開は10月16日)に控え、プレイベントの一環として「奥河内 映画祭 2020」がラブリーホール大ホールで開催されました!

また、当日は『鬼ガール‼︎』主演の井頭愛海さんや音楽プロデューサーの梶原徹也さんにもお越しいただき、会場のボルテージも最高潮に!

新型コロナウイルスの影響で、前回の映画祭が開催できなかったため、2年分の映画祭。レッドカーペット行進などは行うことはできませんでしたが、多くの方がご来場くださいました。

そして、今回は過去3年間分の映画塾作品と全国からの招待作品を併せて上映し、栄えある第1回の最優秀作品賞には「奥河内 映画塾 2019」作品の『鬼ですけど…何か?』、審査員特別賞には「奥河内 映画塾 2019」作品の『負けるもんか』が選ばれました!選考は来場者(全作品をご覧になられた方のみ)の投票も加味され、参加型の映画祭となりました。最優秀作品賞には河内材で作られた特製トロフィー、審査員特別賞には地元のガラス細工職人・河端洋史さん作成のトロフィーを授与!

また、当日の午前中には『鬼ガール‼︎』にご後援、ご協賛いただいた法人向けの特別試写会も行われました。そして、「感動した!」、「応援してきて良かった!」など、心温まるご声援を頂戴し、全国公開に向けて弾みがつきました!